旅行・地域

カヌー&MTBファンライドツアー

白馬旅行2日目

去年の白馬旅行でマウンテンバイクがすっかり気に入ってしまった息子は今年もマウンテンバイクをしたいということで、息子7歳身長120cmを受け入れてくれるMTBツアーを探しました。

全国でMTBツアーを行っているところは北海道や水上などいくつかあるようですが、すべて大人向けのようで、子供は高学年以上じゃないとNGのところが多いんです。

水上は身長125cmからと記載があったため、電話にて問合わせをしたところ、なんと出たのは外人さんで「125cmでも難しいです。うちはダウンヒルで下りがほとんどだから・・・。」とのこと。

そんなわけで今年も白馬のEvergreen Outdoor Centerでお世話になることにしました。

こちらのセンターではMTBのほか、カヌーやカヤック、ラフティング等の山Sportsが充実しているので、今年はカヌーにも参加してみることに。

参加したツアーは「MTBファンライドコンボ」と呼ばれているMTBファンライドツアーとカヌーがセットになった1日コース。

まずはカヌーから、

1 青木湖という湖でカヌーを体験したのですが、当日は朝から土砂降り。

この日は実は新潟と福島で豪雨となった日で、白馬も同様すごい雨。

絶対中止かと思ったのですが、湖は川と違い、水量が多くなる心配もなく、波も立たないため、雨でもやれますがどうしますか?とのこと。

悩んだ末に息子がやりたいとの一言で決行。

私とパパはお借りしたカッパ(とはいっても山用の本格的なものでした)を着込み、息子は大人用のポンチョ(こちらもお借りし)を着込み、いざ出陣。

先頭に乗っているあやしいおばちゃんが私、次に息子、その次が舵取り(キャプテンだそうです)のパパ。

こぎ方も教えてもらったのですが、ガイドのトビーさん(ニュージーランド出身だそうです)はすいすい進むけれど、3人思うがままにこいでいる我が家のカヌーは思うように進みません。(このカヌー、カナディアンカヌーというそうで、先頭部分がかなり細くなっており、一人ならすいすい進めちゃいます。)

ですが、水はきれいで魚は泳いでいるし、木の実を食べたりと、私は息子以上にはしゃいでいました。2

途中怪しげな岸に上がりコーヒーブレイクし、最後の30分ほどはなんと晴れ間が見えてきました。

雨が降ると風がやむのでカヌー日和だそうです。

計画では、晴れたら湖で泳ぐ気満々でしたが、日焼けのことを考えると雨でよかったのかもしれません。

そして、ランチはツアー会社が用意してくれたタコスらしき弁当をいただき(味は微妙です)、午後からはいよいよMTBに。

Mtb_2

前回に比べ自転車は立派だし、それにきれいでしたので、すっかりやる気満々の我がお坊ちゃま。

まずは練習と、駐車場をぐるぐる回っているのところです。

息子のヘルメッドと肘、膝あては自前なので、見栄えも良しですよね。

肩慣らしが済んだらいざ出発。

Mtb_3

子供がMTBに参加する際、何を見落としがちかというと、ブレーキみたいです。

ガイドさんはみな足が多少つくか、こげるか等を気にするので結構見落としがち。

我が息子は、手が小さいために子供用のものでも使いこなすのが大変そうでした。

今回のコースは砂利の下り坂が長くて、途中転びそうになる姿も何度もあったそうなのですが、先頭のガイド、ヤスさんの後ろを走っていた私は全く気が付きませんでした。

そんな中、悠太の面倒を見てくれたのが、オージーのジミーさんだったのですが、彼にも息子がいるらしく子供の扱いが上手。

よかったわ。Mtb_4

途中沸き水の出るところなどにも立ち寄りすっかり自然を満喫し、最後は田んぼの間の道をラストスパート。

MTBの見習いガイド、メグちゃんも含め、総勢4人のガイドさんにお世話になり、とても楽しい一日を過ごすことができました。

ちなみに私はこの2日後、いつもの肩こりとは違うところが痛み、どうしてこんなところが痛いの?・・・「あ、カヌーのせいだ!」と嘆いておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安曇野ART HILLS MUSEUM

先週の木曜日から今年もまた白馬に行って来ました。

東京からだと白馬は遠いので、1日目はどちらに立ち寄ろうかと悩みます。

前日ぎりぎりに決断し、今年は安曇野ART HILLS MUSEUMに行って見ることになりました。

Arthills_museum_2

まわりは田んぼだらけのところに、ぽつんとあるこのMUSEUM。

なんだか回りの景色と比べてちょっと不釣合いのような気もするのですが、お庭はきれいだし、ガラスに見飽きたら散歩するのもよいようです。

でもこの季節にチューリップと思いませんか?

よーく見るとこれ、ガラスでできていました。

さてさて、早速館内に入りワークショップに参加してみることに。

まずは私が、以前より体験してみたかった吹きガラスにTRY!

Photo_4

棒の先っぽにガラスをつけるまではスタッフの方がやってくれ、吹く作業からが私の出番。

ぷっと吹くだけなのですが、加減がわからないので難しいかったです。

もちろん実際の体験前に、簡単に練習をするものの、吹きすぎたらBIGになってしまうし、大きな風鈴なんてかっこ悪いですよね。

ちょっと吹いただけで「はい、STOP!」と言われ、これだけ?と思ってしまいました。

写真は、片側を風鈴の下部分にするための開きを作っているところ。

この前に大きな包丁のようなもので端を切り落とし、小さな穴があいたところに、私が持っている大きなピンセットのようなものを挟みこみ、まわしながら開き部分を大きくしていくという作業。

サンプルで形は見ていたのですが、いざ作っている時は全く頭にうかんでおらず、ただただ指示されるままに動くだけでした。

ガラス細工作りは高温でガラスをやわらかくしての作業となるため、こちらの工房もかなり暑く汗だくでしたが、貴重な体験をさせてもらいました。

今度は陶芸がやりたいなあ・・・(近場にあるのよねえ)。

お次は我が息子の出番、

息子が選んだのはジェリーキャンドル。

Photo数種類のお砂を順番に入れていき(全カラー入れても1カラーだけでもOK)、好きなフィギア(動物や魚等)を入れるところまで出来たら、その後はスタッフの方が液体を入れてくださり、およそ40分ほどで完成となるもの。

今年小学1年生となったばかりの息子には少々難しいようでしたが、我が息子もどうやら物作りが好きな様子。

慎重に砂を入れ、フィギアも真剣に選びと始終熱中しておりました。

この作業があまりに楽しかったのか、その後の旅行中もう一つ作りたいと何度もお願いをされ、しょうがなく3日目にもまたこちらに立ち寄りました。

便乗して私も作ったので、写真を取り次第、UPしたいと思います。

Photo_2

ワークショップを終えた後、ジェリーキャンドルの完成までの待ち時間、私はガラス細工を眺め、息子とパパはお庭で「かえる」探しをしていたようです。

右の写真は一見二人でぼーとしているかと思いますが、実は蛙を探しています。

後ろから追ってきた私は、そうとも知らず撮影しておりましたが・・・。

むしかごやあみを持っていかなくてよかったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬を満喫 Part3

白馬旅行3日目。

本日も朝から早起きとなり、まずは熱球(係留)体験へ。

Imgp4235b_2 

朝7時からと言われ寝坊せず行けるのか心配でしたが、予想どおり寝坊したもののなんとか間に合いました。

見た目どおり紐でつながれているのでほんの5分ほど浮上するだけなのですが、なかなかよい体験でした。

中はこんな感じです↓

Imgp4241b

画面右のバーナーのようなものより熱が噴出すため、下にいる私達はとても熱いです。

私は長袖を着ていて正解でしたわ。

そして外の景色はこんな感じです↓

Imgp4243b

白馬三山もきれいに見ることができて、やはり早起きは得した気分でした。

そして、本日もハイキング。

さすがに3日目ともなると前日の疲れが残っているので、なんだか罰ゲームのような気がしてならないのですが、パパと息子についていくことに。

この日は白馬の八方駅よりゴンドラとリフト2つを乗り継いで、そこからハイキング開始。

いざ八方池まで目指しましたが、このコースは結構きついです。

1時間半ほどかけてなんとか八方池が見えるところまでたどり着きましたが、ここで息子がギブアップ(私は心の中でやったーと叫びましたわ)。

池の麓までは行けませんでしたが、険しい道のりを歩いただけでもたいしたものです。

Imgp4246b

山の上は雲が消えては出てきたので、白馬三山はきれいに見えなかったものの八方池を見ることが出来て満足でした。

しかーし、6歳にしてこの体力。

来年からはどこに連れて行けば満足していただけるのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬を満喫 Part2

白馬旅行2日目。

本日は今回の旅行の目玉。

マウンテンバイクを楽しめるEvergreen Outdoor Centerのファンライドツアー(半日コース)へといざ出発!

6歳からできるこのツアー。

私はカヌーなどを体験したかったのですが、息子と一緒にここのHPを見ていたらマウンテンバイクに釘付けになってしまったので、仕方無しにマウンテンバイクをチョイス。

でも息子とパパはとても楽しかったようです。

(私は思わぬところで腕が日焼けしてしまいましたsun

010

029マウンテンバイクは借り物ですが、息子のヘルメットと膝、肘あては自前です。

いつも葛西臨海公園で数時間もパパと一緒にサイクリングをしているせいか、数回転んでも泣かず、なかなか我慢強い我がお坊ちゃま。

ガイドさんからも、通常数回転んだら根をあげる子供が多いらしく、「強いですねえ!」と言われておりました。

しかーし、さすがに一回転したときは私もちょっとびっくりしましたわ。

約2時間ほどでこぼこ道や田んぼのあぜ道を通るこのツアー。

上の2枚の写真はガイドさんが撮影してものですが、左上の写真、坊やの後ろにはいけてないおばさんが私でございます。そしてその後ろにはいけてないパパが。。。

右上の写真では我がお坊ちゃま、水溜りをこえることができず再チャレンジしてます♪

おかげで靴はびちょびちょになりましたsweat01

初心者コースとはいえ結構疲れますが、こんな中↓を通るので心は癒されました。

Imgp4216b

そして昼食後、今度はハイキングに行きたいという始末。

なので、この日の午後は軽めのハイキングをと、白馬五竜のアルプス山野草園に行くことに。

ゴンドラとリフトを乗り継いでちょっと歩くつもりが、地蔵の頭まで行くとのこと。

すでに疲れているのに急斜面の階段の上り下り。結構hardでした。。。

Imgp4223b Imgp4229b

上の写真、右にいるのはパパなのですが、すでに疲れている様子。

しかし、息子は元気一杯です。

マウンテンバイクでは一番体力を使ったと思うのですが・・・。

地蔵の頭まで行ったらなんと隣の山「五竜岳」まで行きたいという息子。

行ったのが午後でよかったわ。

これが午前中だったらどこまで行っていたことか・・・・。

Part3へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬を満喫 Part1

9月3日より2泊3日で白馬に行ってきました。

山へ行くか海へ行くかで迷っていたのですが、たまたまネットサーフィンをしていたところ、白馬の熱気球体験を発見。

これだ!と思い予約したら、パパに「白馬までどのくらいかかる(所要時間が)と思っているの!」と言われて検索してみたところ6時間。

そんなにかかるのかと一時は躊躇したのですが、熱気球の他にもマウンテンバイクツアーやカヌーなどアクティブ満載。ちょっと遠いけど行ってみることにしましたrvcar

初日はランチがてら善光寺に寄ってみることに。

Imgp4208b

もちろん昼食は信州そば。

まっぷるお勧めの「藤木庵」というおそば屋さんで十割蕎麦(そば粉100%)と二八蕎麦(そば粉80%・小麦粉20%)を堪能したのですが、こちらの蕎麦は冷たいのより温かい方がおいしかったように思います。

食べた後はお参り。

写真左下の親子が我が家のパパと息子でございます。

私はと、撮影やwindow shoppingをしていたので後からとことこと。

社会人となり数年後善光寺に訪れたことがあるのですが、こんな閑散としていたかしら。

夏休みも終わって、平日でしたせいか、参拝者も少なく静かでしたわ。

そして今回お世話になるお宿は白馬東急ホテル

改装したせいかとても混んでいました。

Part2へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根旅行2日目

お宿は前回同様紅葉閣。朝、お部屋からの景色はこんな感じです。

Imgp3856b_3 

遠くには芦ノ湖が少しだけ見えるのですが、静かでお値段もお手ごろなこのお宿が閉館になってしまうのは残念です。日本たばこの保養所だったようなので売却するならば、また違う旅館名として復活するかしら。

Imgp3873b Imgp3876b_2

朝から元気満々のお坊ちゃまは入り口付近でかえるを発見。まるで置物のようですが本物の生きているかえるです。(右のわずかに見える車はMy carです)

さてさて、今回の旅行のメイン、Grinpaへ。

昔の日本ランド跡地にできたようですが、強羅からなんと2時間もかかるなんて知りませんでした。毎度のことながらリサーチ不足ですね。

しかも昨日3月13日は御殿場付近はお天気だったのに、富士山ふもととなれば濃い霧につつまれていて、またもや強風。

またまた入るかどうか迷っていましたが、ここでも息子の頑固さに負けて入ることに。

でも今回ばかりは神様も息子に味方をしてくれたようです。午後からは晴れて、風も弱くなりました。

Imgp3889b Imgp3888b_2

最近ウルトラマンにはまっている息子にはたまらないM78ウルトラマンテーマパーク。強風だったものの乗れない乗り物はウルトラマンセブンコースターだけで、ほとんど制覇。

おまけにレストランもウルトラマンだらけです。

レストランで1枚camera(ラーメンやカレーにもウルトラマンがいるんですよ。)

Imgp3882b_2

ウルトラマンに満喫したら、今度はそりをし、またウルトラマンテーマパークへと、坊やは満足だったようです。

※そりをするなら服装に注意!わがお坊ちゃまはナイロン地のズボンを履かせていましたけれど、あっという間にびちょびちょになりました。(雪山仕様でなくてはなりませんね。)

標高が高いところにあるからか、updownが激しく私達親はへとへと、もちろん我がお坊ちゃまは車の中で爆睡でした。

最後に、ちょっと小話。

御殿場までの林道を通っていたら、なんとお亡くなりになった鹿を発見。息子が見ていなかったからとUターンし見物(あまり見栄えが良いものでないですが)。

死体があるならば、生きている鹿もいるのではとしばらく林の中を見ていたら、発見しました!!子鹿連れの親子なのでしょうか、5匹ほど野生の鹿を見ることができました。

終わりよければ全て良しですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根旅行1日目

前回泊まった旅館が3月で閉館になると聞きつけ、最後にもう一度と思い急遽決まった箱根旅行。

前回と違い箱根はまだまだ寒いからと、初日はのんびり出発。おまけに旦那様が鎌倉にある「珊瑚礁」でカレーを食べたいと言い、まずはカレー屋さんへ。

息子を初めて連れて行ったのですが、以前はもっとマイルドな味だったような・・・。後味が辛く息子には微妙だったようでほとんど食べてくれませんでした。

私達の舌の感覚が変わったのでしょうか。本店でなかったからでしょうか。以前ほどの感動がなかったです。

気を取り直し、いざ箱根へ。

初日は新聞やさんからいただいた無料券があったので、箱根園へ行ってみることに。

西武系列ということもあるからか、なんだか寂れているような気が・・・。でもせっかく来たからとまずは水族館に入ってみると、小さいながらも変わっていて見所満載。

平日だからか他の方も少なく、ほとんど貸切状態で各水槽をじっくり眺めることができ、中でも蟹の動きのトロさが笑えました。

最近の水族館や動物園は、動物の目でまたは魚の目でといったような穴など特色があり、大人の私達でも楽しめるようになっていますよね。ここの水族館も小さいながらもそんな努力さが感じられました。

さて、次はロープウェイに乗ってみることに。

「今日は山頂が強風です」と言われ、断念しようかと思いましたが息子の熱意に負けてしまいました。

しかーし、強風のロープウェイって結構怖いですよ。山頂到着間際、なかなか停車できずドキドキしてしまいました。

Imgp3852b_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル旅行記Ⅱ

たっぷり温泉を満喫した2日目。

せっかく下田に来たのだからと、まずは黒船に乗ることにship

Imgp3339b

我がお坊ちゃまは船に乗るまではウキウキでしたが、いざ乗船すると、海鳥にかっぱ海老せんをあげるのに夢中でしたcoldsweats01

さてさて、お次は今回のメインである虹の郷へ。

とはいっても修善寺までは2時間ほど。

途中道の駅に寄り道したり、スバルからの景色を

眺めながらお昼は修善寺でそばを食べることに。

ガイドブックお勧めの「禅風亭なな番」に行ったところ、駐車場が狭く、なんと渋滞していましたwobbly

さすが混雑しているだけにお味はgoodgood

わさびもお持ち帰りができ得した気分。

お腹も満腹になったところで、虹の郷へ。

utaはここのミニ機関車が乗りたかったので、希望がかないご満悦でした。

Imgp3345b 私は坊やが遊んでいる間、徒歩でお散歩してみることに。

updownが激しい道もありましたが、イギリス村や日本庭園などなど和洋折衷で楽しむことができました。

その後は来た道を戻り、沼津港ではお土産に海の

幸を購入。

車に乗っている時間の方が多かった旅でしたが、

ひさびさの旅行はとても楽しかったです。

やっぱり旅行ってよいですね。。

そうそうスバルの乗り心地は最高でした。

(後部座席がねrvcar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル旅行記

先週の金曜日から1泊2日で、去年暮れに購入したスバルの得点で伊豆下田まで行ってきましたrvcar

伊豆の中でも南に位置する下田は熱海と違い、遠いということを我が夫婦すっかり忘れておりましたcoldsweats02

計画性0の我がファミリー、1日目はのんびりと10時すぎに出発。

高速道路は空いていたものの、沼津に着いたのは1時すぎ。

とりあえずランチをと、コンビニへガイドブックを買いに。

うちの旦那様はどこへ行ったのかしらとキョロキョロしてみると、なんとコンビニのおばちゃんにお勧めのレストランを聞いていたcatface

せっかくガイドブックを買ったけど、コンビニおばちゃんお勧めの鬼島というレストランで大海老天丼を食べることに。

Imgp3326b

お味は・・・デカいだけだったわ。

ちなみに、私は刺身定食にしたのだけど、さすが港が近いだけあって刺身はとてもgoodgood

さてさて、ランチを食べ終えるとすでに2時。

とりあえずカーナビの行き先を下田にセットしたら、所要時間が3時間。。えっ~。こんなにかかるの!!

そんなわけで下田に直行したのだけど、着いたら5時。

でも息子は遊びたくてしょうがなく近隣を散歩したけど物足りない。

夕食を食べていたら、なんと「お家に帰りたい!!」と言い始めた。

こりゃ、参ったと思ったけど、その後大浴場が楽しかったのか、ご満悦の様子。

よかったよかった。。。・・・・つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)