« ショートパンツ | トップページ | クチュリエラインT »

ギャザーブラウス

前回のお教室に行った時のこと、朝、駅のホームで電車待ちをしていたら、
前に立っていた女性の後姿に釘付け。
LLLL・・・のタグシールが付いているではありませんかeye
サイズが連打しているタグといえば、やっぱりユニクロ?

どうしようか迷ったのですが、
まさか「私の勝負服はユニクロよ!!」とアピールはしていないわよね。
それに、私だった教えてもらいたいと思い、肩をたたきました。

その女性、かなーり恥ずかしがっていましたが、まだ朝も早かったし、
一日中付けて歩くよりましだったかしら。。。
明日はわが身、気をつけなくては・・・。


さてさて、
本日はギャザーブラウスが完成しました♪

 パターン: atelier ru_ 「ギャザーブラウス」
 生地: fait759 
INDIGOペイズリー /ネイビー

Dsc01291b_3


このギャザーブラウス、今はnewギャザーブラウスで販売されている
ようで、どこが違うのかと思ったら、お袖が半袖とフレアスリーブなん
ですね。
私が作ったお袖は、ベルスリーブというもので、袖口が広がっている
タイプなんですが、写真で見るとわかりづらいかな。

後姿はこちら↓
(こちらだと袖の裾が広がっているのがわかるでしょうか。

Dsc01295b_2

実は前回作ったパンツに合うブラウスが作りたく、急ぎこのブラウスを
作りました。本当は昨日のお教室に着て行きたかったのに間に合わ
なかったわsweat02

生地がペーズリー柄でインパクトがある為、パターンはシンプルなもの
がいいとチョイスしたこのパターン。随分前に購入したのに長いこと
眠っておりました。

本当はちょっとアクセントが付けたく、
「前立てにループを付け、ボタンで留めるようにしよう!」
と考えていたのですが、いざパターンを見てみると、前立ての切替しが
前中心ではないのねえ~。

「ではレースなんぞ。。」と思うも、似合うものがない。
買いに行くのは面倒くさい。

そんなこんなでいらぬことを考えていたら、お教室に間に合わなくなっ
てしまったのですが、昨日のお教室でパイピング押さえの講習があり、
「パイピングなんか良いんでない?」
と早速習ったことを実践してみました。
つけなかった方が良いでしょうか・・・。
個人的には、かなりオリジナル感が出たと自己満足に浸っております。

ただこのパターン、前身頃と後身頃の切替しラインが違うんですよね。
その為、後身頃はパイピングがかなり高い位置になっているんです。
パイピングを付けるなら、同じラインの方がきれいですね。
(付ける前から気になっていたのですが、やっぱり気になる。)
次回はヨークを修正してみようか。。。

それと丈ですが、このパターンどおりに作ると、66cmと82cmの2通り
とちょっと長め。ショートパンツにあわせるには長いと途中で気がつき、
5cmカットしてみました。ちょうど良い丈になったかな。

Dsc01300b_4

パイピングは今まで直線ミシンで縫いつけていたのですが、ロックで縫うとすごく簡単ですね。

1.バイヤス布にコードを挟んで、パイピング押さえの溝にコードを合わせながら縫う

2.生地を裏表にして、その中に1.で作ったパイピングを挟み込み、1.と同様パイピング押さえの溝にコードを合わせながら縫う


これだけでパイピングが出来上がってしまうなんて、直線ミシンで縫っていたときの苦労はなんだったんでしょう。

ただ、今回は生地の片側にギャザーが寄っている
ので、パイピングがきれいに付くようにと、2.の工程
の前に、ヨーク側に1.で作ったパイピングを仮縫い
しています。

その甲斐あってきれいに付きましたよnote
やっぱりきれいに出来上がるとうれしさ倍増ですね。



お次はしばらくニットものを作ろうと思っています。
本当はパンツが作りたいのだけど・・・。

|

« ショートパンツ | トップページ | クチュリエラインT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525586/55027736

この記事へのトラックバック一覧です: ギャザーブラウス:

« ショートパンツ | トップページ | クチュリエラインT »