« ヨークワンピース | トップページ | フリルカットソー »

お教室

昨日は、毎月1回のお教室、

ロックミシンで作るシンプル&easyソーイングに参加してきました♪

新しい方が3人増えたので、初回は簡単なTシャツ作成。
「もうちょっと高度なものが良いけど、ふらっとろっくの復習には
ちょうど良いか~。」と思っていたら、先生より、
「今回みなさんに型紙がご用意できなかったんです。」との一言。

なんでもCADが壊れたそうで、SML各サイズの見本で裁断し、
後ほどパターンを送ってくださるとのこと。
いよいよパターンまでなくなったのかと思いましたsweat01
(お教室の場合、1期の初回だけは簡単な説明書があったんですが、
その後なくなりました。その場で説明があるからよしとするのか、
それとも先生の手抜きなのかは先生のみぞ知るところです。)

さてさて、作品はこちら↓
>4/24 写真があまりにもひどいため取り直しました。。
(ついでにリボンも2箇所止めにしたので垂れ下がらなくなったかな。)


Dsc01027b_2

このパターン、一見よくあるTシャツパターンですが、
よーく見ると、肩のラインが随分下がっていますよね。

サイズが大きいのではないかと思われがちですが、これでSサイズ。
袖パターンの袖山が随分低いなあと思っていたのですが、
出来上がってみてなるほどと思いました。

なんだか袖なしでもOKそうなパターンですよね。
今度先生に袖なしでも大丈夫そうか聞いてみようと思います。

では作成話を、
今回ノートを持参するのを忘れてしまい、皆さんがメモを取っている
時間にすることなく、我先にと縫い始めたら、"右肩を縫う"箇所を
まんまと左肩を縫っている始末。せっかちはいけませんね。

その後は、Dsc01018b_3
衿ぐりのふらとろっくも
まあまあ上手く出来で、
特にこれっと
いう失敗もなかったのですが、
今更ながら、
「ボーダーの裁断って奥が深いなあ。」
と思いました。

今までは、脇と袖下があっていれば
OKかなと、適当に裁断していたのですが、
先生から、
「袖山部分のボーダーの出方も
気にしてみてください。」
とのこと。

ちょっと説明できないのですが、
指示どおりにやってみて成果は
あったのでしょうか?
「うーん、ボーダーがきれいに出ているような、いないような・・・。」

そして、今回のちょっとしたアクセント。
Tシャツ裾部分に2つの小さなポケットと、リボンが
なんとも先生らしいデザインですが、これ、お教室では
時間が足りず宿題となりました。


Dsc01023bリボンをつけると重たくて、ポケットがだらしなく
なってしまうのを防ぐため、
リボンは身頃にまで貫通して縫いとめてみた
のですが、やっぱりちょっと足れ下がって
しまうなあ。。。
もうちょっとリボン上部を縫いとめてみようか。

せっかく作ったので、これにあうパンツを
引っ張り出してみたものの、
このハーフパンツ大分履いたもの。
せっかくだから、これに合うハーフパンツか
キュロットを作りたくなってきましたよ・・・。
(色はやっぱりネイビーだろうか。)

次はしばらく息子服を作る予定なのに、どうしましょ。。。

|

« ヨークワンピース | トップページ | フリルカットソー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨークワンピース | トップページ | フリルカットソー »