« 山田ルリ子先生のお教室第4回目 | トップページ | 未完成 »

ふりふりワンピース

毎度のことですが、土曜日は我が家族にとっては休息の日ですが、
(私、主人も会社が休み、学校も休みですので・・・)
朝からタッタッタッタッバタンと騒々しい音を立てながらトイレに駆け込む
息子のおかげで目が覚めます。(トイレの横が寝室なので~)

休息の日のはずが朝から全快モード。
女の子だったからもうちょっと目覚めの良い朝が迎えられるのかしら~。。。

さてと、

今週は前回のお教室で使ったパターンとリバティでワンピースを作って
みました

Dsc00872b

 生地: リバティ Chive 

もったいのーてずっと眠らせておいたChiveですが、先日お教室でこの
パターンを見た時よりChiveを使おうと決めておりました。

そんなわけで、作りかけのものを放置し、早速Chiveの裁断に取り掛かった
のですが、このパターン用尺は2.5m。
しかーし、Chiveは2mしかない。
でもお教室で裁断していた時生地が大分余ったので、なんとか2mで裁断
しましたよ。

今回は先生のおっしゃるとおり、ウエスト部分に紐通し用の布をたたき付け、
衿はWAVEロックを省略し、そのかわりパイピングを付けてみました。

いかがでしょう?

私としては
今できる限りの力を出し切ったとかなり自己満足に浸っております。

ではでは各パーツ部分のお話を。

まずはセパレーツ押させを使った裾、袖の縫い合わせですが、これ、
生地によってギャザーの寄り方が大分違うのですね。
お教室でもそのように習ってはいたものの、いざ自分でやってみて思い
知らされました。

必ずはぎれで試し縫いをと言っても、リバティのハギレは取っておきたい
とセコイ考えをもった私は、同じローンだからと別生地でお試し。
まずまずの寄り方だったので、いざ本番で縫ってみると、寄り方が全然
違うではありませんか。

リバティって滑りやすい生地だからか、他のローンより寄り方が甘いんです。

そんなわけで、気の済むまでやり直しました(ほどくこと2回)。

Dsc00877b

お次は今回のメインともなる
衿のパイピング始末。

前回と比べてどうですかこの仕上がり。
ギャザーの寄り方、パイピングともに
きれいに仕上がり大満足。

パイピングはお初のお手製なのですが、
これ、結構簡単にできますね。

コード紐は100均の料理用の巻き糸を使用していますが、たこ糸でも
良いのですよね。

ちなみにコード紐は1.8mm、たこ糸は1mmでしたよ。

太め好きなら料理用の巻き糸かなあ。

Dsc00878b

そして総仕上げは裾、
袖の巻きロック。

習ったとおりにやってみたところ、
意外に簡単にできたので、
これからどんどん
巻きロック使っていきたいわ。

でも一つ疑問が・・・

先生、
お教室ではかがり幅は5.0とおっしゃっていたのに、
説明書や先生の本にはMと書いてあるんですよね。

実際縫ってみるとわずかに違うのですが、どちらも
あんまり変わりないよーな気がするのは私だけでしょうか。
何か奥深い理由があるのかしら・・・?

|

« 山田ルリ子先生のお教室第4回目 | トップページ | 未完成 »

コメント

わーお!乙女なワンピができあがってるぅ!!
パイピングの紐(←表現が稚拙で失礼)のところ、ハンドメイド作品とは思えない完璧な出来ですねぇ。
今ブラウス用にリバティを探してるところなんですが、なるほどローンよりもギャザーの寄り方がそうなんですね。やりやすいのかと思ってました~。
これ春先はジャケット合わせてもよさそうだし、カジュアルにボレロカーデみたいのでも。暖かくなったら1枚で‥とすごく使えそうです。

投稿: ウテオンマ | 2012年2月14日 (火) 08時05分

ウテオンマさん、こんばんは。

そうなんです。予想以上に乙女なワンピースとなったので、アラフォーが着るにはちょいと乙女過ぎるかと思っているんです。
なるほどーボレロか。似合うかも・・・。

ちなみにこのリバティもタナローンなんですが、タナローンって通常のローンよりすべすべなんですよね。
なので、セパレーツ押さえで片側の生地にギャザーを寄せると、寄せ方が甘くなるようです。

でもリバティって一着作るとまた作りたくなるほど素敵な生地ですよね~。。。
実は一昨日の日曜日にもホビーラホビーレに行き購入しちゃいました。働いても働いてもyen消えていくわ~。

投稿: kiyolilea | 2012年2月14日 (火) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山田ルリ子先生のお教室第4回目 | トップページ | 未完成 »