« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

メンズポロシャツ

今日は、

パパの為にと、クルールさんのハギレセットに入っていた生地で、ポロシャツを作ってみました。

女性用のトルソーさんに着せてみたので、ちょっとぶかぶかですが・・・。

Dsc00470b

パターン: クルール「メンズポロシャツMサイズ」

生地: ドライカノコボーダーグリーン 

私はハギレセットや福袋等はほとんど購入しないのですが、たまにはパパの洋服を作るのもよいかなあと購入を決断。でも実は「ナチュラルユーズドコットンターコイズ」もほしかったものでちょうどよかったかなあ。

この生地はこのパターンのサンプル作成布にも使われてますよね。

Dsc00473b_2とりあえずお試しにと作ってみたのですが、またしても大失敗をやらかしましたsweat02

裁断時、何も考えず裾を基準にボーダーラインをあわせhairsalon。いざ脇を縫う時に気がつきました。「裾の長さが後身頃の方が長いんだったわ。。。」

そんなわけでボーダーがあわなくなってしまいました。

この大失敗、分かる人はすぐに気がつきますよね。

うちのパパは喜んできてくれるでしょうけど、私がはずかしいわ。

ところで、

今日はパタレさんのショルダーが発売になりましたね。

ちょうどパパからファスナー付きのショルダーがほしいとお願いされていたので、即決。

届き次第早々に取り掛かろうと思っているのですが、いつ出来上がるかしら。

Photo

最後にちょっと小話ですが、

←はなはっかさんのこの生地かわいいと思いません?

私は大柄の生地が大好きで、この生地は一目ぼれでしたheart04

只今夏物最後の1着を作成中(今年は着れないかもしれませんがいいんです。)なのですが、あまりのかわいさにうっとり。

はぎれも少しあるので、帆布をはって(この生地1枚では薄いもので)bagでも作ろうかなあと思っているのですが、こちらもできるのはいつのことやら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーブントースター

今日はお買い物のお話。

先週のこと、10年ほど使っていたトースターから煙がもくもく。焦げ臭くっていよいよ使えなくなりました。(もう少し使えるかと思っていたのですが・・・。)

そんなわけで買い替えの為、いろいろなメーカーを検索したところ、多機能で見た目も高級感あふれるビタントニオに決断。Photo

前に使っていたものは電気屋さんの安物でしたので、使ってみてびっくり。

温度調節までできるなんて、とってもすぐれものです。

おまけにレシピまで付いていたので、いろいろとチャレンジしてみようと思います。

今朝はこのオーブントースターでトーストを焼いてみましたが、前のものよりこんがり焼けたような気がしますよgood

さすがビンタントニオ!

中も見やすい為、焼き加減をお好みにできるところもよいですね。

そうそう、

ビタントニオといえば、バラエティサンドベーカーが有名ですよね。

今ではイエローやレッドカラーなども販売されていて、何度見ても魅力的です。

でも、我が家にはマイティサンドプラスワン→Photo_2

があるのでこれが壊れないと買えないわ。。。

今日はこちらのマイティサンドでたい焼きを作ってみました。

Dsc00465b_2

屋台で買うたい焼きよりはちょっと小ぶりですが、ホットケーキミックスと餡子があれば簡単にできて、しかもおいしい♪

我がお坊ちゃまもパパも絶賛。ほとんど料理していないのでうれしいものやら・・・。

餡子の他、チョコやカスタードをはさんでもよいようなので、こちらもいろいろと試して見ようと思います。

Book ちなみにマイティサンドプラスワンを使う時に参考としているのは「100%ビタントニオBOOK」。

このレシピ本は、ビタントニオのバラエティサンドベーカー用に作られた本なので、我が家のマイティサンドで作るのはちょっと無理がありますが、たい焼きやワッフルなどは大丈夫。

でもこのレシピ本見ると、ますますビタントニオのバラエティサンドベーカーがほしくなるよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

la droquerieのネックレス第3弾

昨日切り替えドルマンの胸元に付けてみたアクセサリーですが、こちらは先月に作ったものです♪

Dsc00455b_3

アクセサリーパーツ: すべてイクスピアリにあるラ・ドログリーで購入

             ※ラ・ドログリーの公式サイトは

              (オンラインショッピングもあるようです。)

洋服を作ったり購入したりすると、それに見合ったアクセサリーがほしくなりますよね。

こちらのラ・ドログリーは、アクセサリーパーツの他、数種類のリバティ(50cmほどの切り売りがほとんど)やレース、ボタンやワッペン、毛糸などフランスからの輸入品等(リバティは国産だと思うのですが・・・)が沢山置いてあります。

ユザワヤなどで購入するよりお値段がちょっとお高めなのですが、その分素敵なパーツが揃っているので、今では私のお気に入りshopの一つです。

初夏に、ブルーのネックレスがどうしてもほしくなり、

こちらのお店でパーツを購入してから早数ヶ月。

あいかわらず作品となるまでは時間がかかりましたが、目で見て一つづつパーツを選ぶので、期待どおりのものが出来上がりましたnotes

(お店にはサンプルが沢山ぶら下がっているので、私はお店の作品のまねばかりですが・・・。)

紐部分は合成皮のような素材で、結ぶだけでできてしまう簡単なものですが、簡単なわりにはインパクトがあり、なかなか良いネックレスだと思いませんか。

ネックレスを作るとまた別のものを作りたくなるのよねえ。

今度はどんなものにしようかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切り替えドルマンスリーブニット

夏も終わりに近づいているので、7分パフスリーブカットソーを作成後、すぐにこの切り替えドルマンスリーブニットの裁断にかかりました。

しかーし、ワインを呑みながらの裁断でしたので、またもや大失敗。

まず最初の失敗は、

用尺はぎりぎり1.3mしか購入していなかったのに、袖口リブ、裾リブ部分を縦地と横地反対に裁断。「確かクルールさんの画像ではリブ部分が縦縞にはなっていなかったような・・・。」と思いつつも裁断を続行してしまい、気づいた時にはすでに後の祭り。

どうやら、パターンに記載の「4~8センチ伸ばす⇔」の矢印を、縦地で取るための矢印と間違って見ていたようです。

翌日、やっぱり間違っていたことに気づいたのでハギレで取り直し、さて縫うぞと思ったら、なんと袖を2枚しか裁断していないじゃありませんか。

残りのハギレでは袖を取ることが不可能dash

急ぎパソコンに張り付き、同じ生地がまだあるかなあと検索したところ、残0.7cm。よかったですわ。。。

そんなわけで、無事生地も買い足すことができ、ようやく完成しました♪

Dsc00452b

パターン: クルール「切り替えドルマンスリーブニット7号

生地: クルール「コットンモダールラメ天笠ネイビーボーダー」

生地はと、今日みたところまだありますね。カート戻しがあったのでしょうか。

あわてる必要はなかったと思いつつ、沢山あれば余裕をもって1m以上購入していたでしょうから、節約できて結果オーライpaper

さてさて、このドルマンですが、シルエットがなんともすばらしいですね。

クルールさんのbbsに絶賛の記事が多数あったので、私も釣られて購入しましたが正解でしたnotes

ちょっと気になるところはといえば、パターンの詳細ページに

「袖口リブをジャストサイズにしているので腕が大きめの方はリブを広げてもいいでしょう」

と記載がありますが、着てみたらほんとにジャストサイズ。

もう1~2cmほど出してもよいかもなあ。

それにしても惚れ惚れするこのパターン。夏は終わりですが、色違いの生地を購入しちゃおうかしら・・・。

でも来週はきっとクルールさんの9月新着販売がありますよね。

それにslowboatさんの9月通常販売もあるし悩むなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バウスカート作成中

只今姉からの頼まれ物、フラダンス用にとバウスカートを作成中です。

未完成の写真はこちら↓

Dsc00447b

バウスカートってどうやって作るのかと思いましたが、作り方はいたって簡単。

※参考となったサイトはこちら

4ヤードから5ヤード(1ヤード90cm弱)の生地をわにして端を縫い、裾とウエスト部分を縫えばOKとのこと、念のためネットサーフィンをして検討し、いざ作り出してみると、

姉の注文はスカート丈が65~70cmとのことだったので、ちょっとながめかと生地を7cmほどカットし、わにして端を縫っているときはよかった。

次に裾を縫っているときからいらいらが始まる。

何せ約4..5mとなると直線を1本縫うだけでも長い。こりゃーウエスト部分は直線9本だからいつまで続くのかと思ったけど、予想どおり縫っても縫っても終わらない。

9本縫っただけでもすでに達成感でいっぱいでしたが、ここからが本腰!

バウスカートのゴム通しは大変と母から聞いていたのですが、これは予想を超えるものですね。

4.5mのゴム通しが4本、さてどうやったら少しでも早く終わるかと考え、作り方で参考としていたサイトでは針金ハンガーを活用すると良いと書いてあったので、ためしに針金ハンガーをペンチで切り落とそうとしたら、なかなか切れない。

いくら力を入れても切れない。

このままではゴム通しができないと、なぜか旦那様の大工道具をチェックしたところ、良いものを発見。

Img56088829手持ちのゴム通しは2種類あっても長さなど全く違うものだし、何せ4本一緒に通したかったもので、この針金を30cmほどで切り、片方はゴムを通すためのわっかを作り、もう片方は針金の先で糸がひっかかってはちょっと折ってみました。

なかなかよいんではないかしら・・・と思いながら、いざゴム通し。

でも進めど進めど4.5mはまだまだ先。

そして半分ほど進んだら一つのゴムがゴム通しから外れてしまい、しばらくするともう一つ。こつこつやっていたらなんとあっという間に5時間経過。

結局最後までたどり着いた時は深夜1時半でした。

でも最後のゴムが通ったと喜んでいたら、うっかりゴムが1本中に入ってしまい救出困難。

とりあえず他の3本を縫い終え、長さなど様子を見ようと試着してみたら、なんとゴムがゆるゆる。

どうやらソフトゴムを使ったのが失敗だった模様。(手持ちでなんとかしようと思ったのが間違いでした。)

さすがに4.5mもあると重量もあり、ソフトゴムではなんだかやわなんです。

Dsc00449b_2

ちょっと太め(私の母が20代の頃使っていた年代物のトルソーさんなので・・・)のトルソーさんでも余っています。

しかも丈が長すぎない?

メジャーで計ってみるとなんと80cmほどあるではないですか。。。

どうして・・・と思い返してみると、ウエスト部分丈をマイナスするのを忘れていました。

再度のゴム通しと裾直し、また気が遠くなるような作業にtryする日はくるのでしょうか。すでに放置決定のような気がするのですが、

「お姉ちゃん、X'masまでには完成させるわ!」

(blog見てくれてるかしら・・・?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »