« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

NEWランチョンマット

最近はソーイングをサボり気味。

どうもやる気が起きません。

やっぱり梅雨は何をするにもやる気がでないですよね。

そんな中、今まで使っていたランチョンマットがだいぶくたびれてきたので、新調することにしました。

今回も古い生地を引っ張り出してきましたよ。

Dsc00337b

生地: Rick Rack「フルーツバスケット柄リネン(生成り地×ノワール

この生地の購入履歴を調べていたら、2009年8月の予約販売で購入したものでした。

なんだか渋いとは思いますが、我が家は和食器が多いので明るい色は食器と不釣り合いになってしまいます。

無地だと寂しいし、この柄はちょうど良いかな。

前回のランチョンマットはパープル地のハギレをパッチワークのようにつぎはぎし、裏表使えるリバーシブル仕様にしたのですが、使い勝手がイマイチでした。

なぜなら、つぎはぎ部分が多いと、食器が安定しないんです。

我が家のそそっかしい坊やのことを考えるとNGでした。

そんなわけで今回は1枚仕立てにしたのですが、しばらく使ってイマイチなら、またリバーシブル仕様にしてみるつもりです。

汚れのことを考えるとビニコもよいかな。

そして、この生地はまだ残りが1m弱あるので、エプロンを作ろうと思いますが、いつ完成することやら。。。

お次は坊やの七部やハーフパンツを作る予定ですが、裁断するやる気が起きません。

やる気を起こすために、リバティでチュニックでも作ろうかしら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子Tシャツ

今年小学1年生となった息子のためにと、入った早々の広報役員を引き受けてから、毎月数回は集まりや取材などが入ります。

なので、blog更新がすっかり遅くなってしまいました。

今日は2007年に購入し、箪笥のこやしとなっていた生地で、私と息子のTシャツを作りました。

Dsc00315b

パターン: 上段=クチュリエラインT Mサイズ

       中段=14ウェイTシャツ120cm

       下段=ショルダーヨークT120cm

       すべてPattern Label

生地: 身頃=RickRack

     「ピンボーダーニット(オレンジ地×ベージュ・ベージュ地×オレンジ)」

     シュルダーヨークTのリブ=slowboat「スパンフライス40ダスク」

この生地は販売された当初、水色系のものと、オレンジ系のものと2種類(そのベージュ版も含めると4種類)あったのですが、私はブルー系が好きなのになぜかオレンジ系を購入してしまってからというもの、オレンジの色が濃すぎて放置していました。

でもとっても縫いやすい生地でしたよ。

Dsc00333b まずは私のクチュリエラインTですが、色が派手なのでシンプルにローネックのパイピング仕上げで、そして息子とお揃いと気づいてもらえるよう胸ポケットを付けてみました。

ローネックは開きすぎず、またラウンドネックのように窮屈さも感じさせないところがとても良いです。

ついでにこの生地がテンション低めなので、きれいに仕上がりました。

うーん、だいぶパイピングも上達してきました♪

やっぱりPattern Labelさんのパターンって素晴らしいですね。。

Dsc00323b

次に息子の14ウェイTシャツですが、一見先日販売されたキッズTシャツだと思いませんか?

実はこのポケットは、先日購入したキッズTシャツ130サイズのポケットなのです。

私は14ウェイのエポーレットスリーブが大好きなものですから、キッズTシャツが販売された時、ちょっとがっかりしてしまいました。

キッズTシャツって、大人っぽい気がするもので・・・。

でもクチュリエTとお揃いにするならポケットよねと、試しにキッズTシャツ130サイズの型紙と14ウェイ120cmの型紙を見比べてみたら、ポケットは使えると判明。

更なるバリエーションが出来たので、やっぱり14ウェイのサイズアップ購入してよかったです。

そうそう、先日パタレさんのパターンを購入した際に「エポーレットがなくなって寂しいです。」と記事欄に書いたら、エポーレットは別企画で検討中とお返事をいただきました。

早く新エポーレットが見てみたいです。。。

話は戻りますが、ポケットと一緒にタグもクチュリエTと同様のものをつけているのですが、ちょっとシンプルすぎると思い、バックにRickRackのフロッキーを付けてみました。

これで子供らしくなったような気がします。

Dsc00320b

最後は息子のショルダーヨークTですが、春先に作った時用尺をあまり確認もせず、パタレさんのパターンは少し大きめと勝手なる解釈のもと、長袖Tを110cmで作ってしまって予想以上の小ささにびっくり。

あれれっとショルダーヨークTの用尺を確認したら、14ウェイよりだいぶ小さいのですね。

そんなわけで、同じ120cmならどのくらい違うものかと、同じ生地で両方作ってみたかったのです。

並べてみたら、写真のとおりになりました。

やっぱりショルダーヨークTはすぐに小さくなってしまうような気がします。

丈をもう少し長めにしておけばよかったかしら・・・。(今ジャストサイズだわ。)

ちなみにセンターについているフロッキーはone's oneのものです。

フロッキーもカラーバリエーションをと思い、一時期数店舗より、いろいろなカラーを購入してみましたが、やっぱり一番ホワイトが使いやすいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »